LanikaiSandsのブログ

たいして興味もないことについて語っています

SMAP解散に寄せての雑感

私自身は格別興味もなかったが、昨晩の特番をもってSMAPは活動を休止したのだという。

SMAPの元マネージャーと、同族経営である事務所とのゴタゴタから5人の確執が顕現したと聞く。一連のゴタゴタで散々世間を騒がせた、その責任をSMAPメンバーがテレビで謝罪するという異常事態に、大いに違和感あったのを覚えている。いわゆる一般の企業ならば、社員が起こした不祥事の責任は社長が取る。社長が直接関わっていなったとしても、組織を統括する長が組織の不手際を謝罪するのは、コンプライアンス的な視点からしてもごく当然な対応である。ならば事務所社長であるジャニー喜多川氏はなぜ謝罪しないのか。社長の姉メリー氏の娘でありやはり経営幹部である藤島ジュリー氏が一連のゴタゴタに関わっているとの噂に、同族経営らしい自己保身が働いたのだと当初は考えていたのだが、どうやらそれだけではないのでないか、と思うようになった。

おそらくジャニー氏は、彼が謝罪することでジャニーズというブランド全体が毀損することを恐れていたのではないか。ジャニーズのトップが謝罪する、ということは、事務所の他のアイドル達もまたなんらかの形で面目を失うことになる。V6やTOKIO、嵐といった大ベテランたちならば多少のトラブルがあっても揺るぐことはないだろうが、これから売り出そうとする若手たちにとって、ジャニーズの看板が汚れることは大きなデメリットとなろう。アイドルたちを強力に支持する熱狂的なファンがいることは知られているし、ジャニーズの威光が業界隅々にまで行き渡っていることは疑う余地もないが、それでもライバル会社の猛追をノーリスクと判断するまでにはいかないのだろう。

ジャニー氏は、SMAPを切り捨てることでジャニーズ事務所のブランドを守ろうとした。アイドルになんら興味のない人々はともかく、ファンたちが思い描く清く楽しく美しい世界を汚さないようにした。そう考えると、一連の騒ぎに事務所が全く顔を見せない理由にも納得がいく。ディズニーランドのブランディングにも共通するものがある。

それにしても残念なのは解散すると決めたメンバーたちに復活をせまる一部のファンたちの行動だろう。例えるなら、死んだ人間の心臓に電気ショックを与えて賦活させるようなものである。電気ショックがどのようなタイミングで行われるのか、具体的にはよくわからないが、ファンたちの行動は亡くなった人間の心臓を無理やり動かそうとするのに似ている。死ぬ、蘇生する、でも死ぬ、そこを無理やり蘇生する。どこまで繰り返すことができるのだろうか。ともかくも死者にとっては迷惑な話である。

その一方で、突然の解散に納得ができないファンの気持ちもよくわかる。円満な解散ならばともかくも、散々世間を騒がせ、ファンを心配させての解散である。納得できないあまり、想いを解散反対の署名にぶつけたり、CDシングルを買い占めたりする気持ちもそれなりに理解できる。ただ、死者が死にたいと言っているのならば無理やり賦活させるのは死者にとっても迷惑だろう。病死ならば病巣を取り除き、事故死ならば患部を止血・縫合し、あるいは人口臓器に置換し、老衰ならば・・・老衰だとどうするんだっけ。テロメア長くするとか、まあそんな感じでいろいろ手当てしてから賦活させるならばまだしも死んだ状態そのままに生き返らせようというのはあまりに酷なはなしだ。

ファンたちには歪んだ愛情に走る前に、これは「失恋」なのだと納得してもらうしかない。散々泣いて、ヤケ喰いして、深夜の酒場でうさをはらすくらいしか、このゴタゴタに(個人として)決着をつける方法はないのだ。あるいは他の恋人を見つけるとか、仕事に打ち込むとか、そんな感じ。

だがそれでもモヤモヤとするのは、やはりジャニーズ事務所とテレビ業界の爛れた関係だろう。だが、この爛れた関係は、なにもジャニーズ事務所だけの話ではない。広告代理店とテレビ業界、レプロ(能年玲奈(現在は「のん」として活動中)を事実上活動停止とするよう業界に圧力をかけたことで知られる)とテレビ業界、あらゆる部分が爛れていて正直もうどうにもならない。

若者の○○離れが騒がれて久しい昨今、若者が(我々テレビに興味のない世代共々)ごっそりとテレビから離れれば多少のダメージになるのだろうか。最近の芸能界はライブ動員も収益源になりうるというから、テレビを見ないくらいでは大したことがないのだろうか。

 

 

毎年恒例ランドセル寄付に関する議論に対して(2

http://lanikaisands.hatenablog.com/entry/2016/12/09/060922

 

ランドセル贈る人間がいる一方で、じゃあうちは門松を贈ろうとか、みかんを一箱送るからみんなで食べてくれとか、

 

実名でもいいし匿名でもいい、いろんな形で施設や子供たちが社会とつながっていくことが重要なのであって

 

金は色が付いてないから使いやすいとか、足がつきにくいとか、自民が安倍がとか、そーいう議論に落とすのはもうやめにしないかね。

 

 

毎年恒例ランドセル寄付に対する議論に関して

施設などへはモノよりもカネを寄付したほうが使い勝手がよいが、そもそもそのような状況にならざるを得ない政府の福祉政策を見直すべきだ

 

などという議論はMS-Wordのテンプレートにでもぶち込んでさっさと次に進みたい。

Welq終了のニュースに対して

全記事を公開停止したDeNAパレットの対応に「賢明」と評価する向きがあるようだが、そもそも賢明ならば命や健康を扱うキュレーション記事の量産など考えない(考えたとしても思いとどまる)だろうし、パクリ方の指南などしないだろうし、オカルト記事をそのまま掲載しないであろう。

 

ましてやコストをかけて立ち上げたサイトをこんな形で潰しているような企業は、マネージャからして愚かという以外にない。

 

そんな愚かな企業のトラブル対応が「記事全消しで証拠隠滅」だとしたら、これまた批難されるべきではないか。

 

レールに沿った人生も良いもんだ

www.ishidanohanashi.com

私自身は大学に入り、無事に卒業して一般企業に入ったわけだが、私にとってのレールは「親からの仕送り」と「進級・卒業に必要な単位」だった。実家は貧乏だったし進級・卒業がかなり難しい大学だったから、結果的に2本のレールが良い方向に導いてくれたように思う。

 

大学時代は、ゲームの知識と腕を見込まれてゲーム雑誌の編集でのアルバイトに誘われたり、商業漫画家のアシスタントに駆り出されたり、某サークルで同人誌を作りコミケで売ったり、メーカでインクジェットプリンタの品証をしたり、ソフトハウスでデータベースを設計したり、観光地で土産物を売ったりしたが、レールにはしっかり乗っていた。むしろレールに乗っていた方が気ままに、自由にできた気がする。

 

おそらく石田君の場合、なにかがしたくて大学を中退したり、起業したりするのではなく、「勉強したくない」「就活したくない」「働きたくない」という「たくない」志向がまず前提にあって、そのなかから漠然と「かっこいいから起業」というワードが思い浮かんだのではないだろうか。昔ならゴアパン履いてゴアに行っちゃうような感じか。

 

個人的には無理に起業を考えなくともよいと思うんだけどね。やりたいことが見つかるまでバイトかなんかしながら遊ぶといい。まあ、仕送りという定収入で大学に通いつついろいろ自由にやるほうが、車両がレールの上を勝手に進む分、楽っちゃあラクなんだけど。

超法規的措置により死刑

というのを考えたがなにぶん不謹慎であるし使いどころもよくわからないのでとりあえずここに書いておく。

釣って釣られてパラダイス(の補足)

www.aitabata.com

国際恋愛中のわたしが「日本人男性と付き合いたくない」5つの理由 - AI TIME

釣るべくして釣り、釣られるべくして釣られる。これをパラダイスと呼ばずしてなんと呼ぶ

2016/06/28 18:48

b.hatena.ne.jp

記事とブクマの応酬を見ていると、ものみの塔が配布する小冊子「目覚めよ!」などによく見られる、天国と思しき花畑でライオンや羊や人間がゆったりと過ごす光景を思い出したというわけだ。