LanikaiSandsのブログ

たいして興味もないことについて語っています

もしかしたら本当に愚かなのかもしれない。

b.hatena.ne.jp

ネットを多少なりとも見ていれば、告知をすれば炎上することなど容易に想像が付く話である。

 

www.asahi.com

サイン会を企画するならば抗議の電話が来ることなど容易に想像が付くはずである。

 

自らの行動がもたらす影響を、(将棋で言えば)たった一手すら読むことができない。書泉グランデの担当者は、Twitterアカウントはそれほどまでに愚かなのだろうか。

 

野々村竜太郎元県議が、記者会見の場で号泣したことは、「会見場の異様な雰囲気とプレッシャーに見識を失った」ことで説明できる。しかし書泉グランデの場合、サイン会の企画に、Twitterでの告知に見識を失うようなストレスは一切無かったはずである。

 

もしかしたら本当に愚かなのかもしれない。